投稿の詳細: [tactics,インターセプト] 067 インターセプトできる位置と危険の予測

2008/02/25

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 460 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 技100選

[tactics,インターセプト] 067 インターセプトできる位置と危険の予測

[tactics,インターセプト] 067 インターセプトできる位置と危険の予測
  1. 攻撃側はマークをかく乱するように動く
  2. ボールの運び方・蹴り方をよく観察し状況をよんで瞬時にボールの出るポイント、スペースを判断しよう
  3. オフェンスがウラやスキを狙い先に動いている状態で、ディフェンダーがインターセプトばかり狙うのは危険が大きい
  4. 特にパスを出す相手が近くまできたらマークは放さないこと。インターセプトは危険
  5. 相手に前のスペースを使わせない
  6. できれば相手のパスミスやトラップミスを狙う
  7. どの方向にも動ける態勢の確保が大事である
  8. 繰り返すが、優先順位はインターセプトだが、無理と判断したら次は、瞬時に危険なスペースを消すことを意識しておこう



  1. トップ
  2. サッカーコーチングサイト
  3. こうして練習 セレクション
  4. ケータイ こうして練習
  5. こうして練習 今日の練習
  6. こうして練習 今日の足技
  7. こうして練習 今日の戦術
  8. こうして練習 やってみよう
  9. こうして練習 用語集
  10. 少年サッカー 監督日記

サッカーこうして練習

仙台で活動する虹の丘サッカースポーツ少年団の監督(経歴14年)が書いているコーチングのためのブログです。 コマまんがで分かりやすく説明しています。

2017年5月
<< <     
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

いろいろ

XMLフィード

RSSとは?

オンラインユーザ一覧

  • ゲスト ユーザ: 40

powered by
b2evolution