アーカイブ: 2008年6月

2008/06/30

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 261 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

m034 プルアウェイからパス

Scene

  1. 味方プレーヤーがドリブル
  2. 向かってくる
  3. いつでもパスを受ける意識を持ちながら、プルアウェイし、スペースを空ける
  4. パスの瞬間がいつか、観察し集中する
  5. 相手のアプローチがある
  6. 味方プレーヤーから、パスの瞬間を見逃さず、前方の視野を保ちながら、ドリブルで行くか、パスかをぎりぎりまの判断を待つ
  7. 受け手は1トラップで次の動きに移る
  8. パスしたプレーヤーは、パスアンドゴーで受ける動き
  9. 相手の厳しいアプローチ
  10. 壁パスで突破

2008/06/29

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 348 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 守備の基本

t111 マークのポジション真横 ウラで受けるケース


コマ

  1. 横にマーク
  2. 受け手アタッカー前へのパスがインターセプトされやすい状況なので、前を嫌い、ウラ狙いのスルーパスを選択
  3. 受け手アタッカーはチェックプレーを入れ、ウラに走りこむ
  4. アタッカーボール保持者はスルーパス
  5. 相手ディフェンダーが前にいるため、パスコースは狭くなる
  6. アタッカー受け手は、大きく広がり、中にウラから切り込む動きが必要になる

○ゴールとの線上にいるかぎり、インターセプトしにくく、ウラも逆に取られやすいともいえる.その状況にあったポジションをとろう

2008/06/23

永続的リンク 07:00:00, 著者: soccer, 5 語, 65 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 練習

p113 5vs5攻守練習


コマ

○ディフェンスのポイントは、数的優位、マーク、カバーリング、ワンサイドカット

  1. ディフェンスとアタッカーの2つに分かれ、5vs5で攻守練習
  2. アタッカーボールで、もっとも底からスタート
  3. アタッカーは、1-2-1、2-1-2などでやってみよう
  4. ディフェンスはまず全体が見えるポジションで1人余り、数的優位をつくる
  5. ディフェンスは危険なアタッカーにすべてマーク
  6. マークは先に触れる距離.インターセプトを狙う
  7. 図では黄色マーク3人の誰かがアプローチ
  8. アタッカー 最初のパスの受け手はワンタッチで前に送る
  9. その受け手 ゴールに背を向けているアタッカー 2つのスペース(水色)を狙う、使う
  10. ディフェンスはワンサイドカットし、パスコースを消し囲む
  11. ここではサイドのマークを外しているが、相手アタッカーらの能力によって判断しよう

2008/06/22

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 522 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 技100選

s071 オコチャダンスのための練習シザース


コマ

  1. サイド攻撃に有効
  2. 右足のウラでボールを転がしコントロール
  3. 相手のアプローチ
  4. 右足で内から外へのシザース
  5. ワンステップして左のインで切り返し
  6. 抜き去る

2008/06/17

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 392 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き, スペースで受ける

m032 開いてできたスペースに侵入(イクスプロイト)(1)

Scene

  1. 基本は、ゴールを常に意識し、ゴールに近いところでゴールを向いてボールを受けられるポジション(ここでは中央)にいる
  2. 右サイドに動いた
  3. ゴールキーパーがスローインにフェイントをかけたため、サイドへの開きが早すぎた
  4. その動きにともない相手ディフェンダーがマークに寄った
  5. 中央にスペースができた
  6. 一つ前のパサーは慌てずに、スペースへのパスを目で合図する
  7. 逆サイドの、すでに察知して侵入してくる味方プレーヤーにパス
  8. 中央で受けたとき、周囲はすべてのパスコースに動く
  9. パサーはパスの直前まで常に2通りのパスコースを意識しよう

2008/06/16

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 444 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き, スペースで受ける

t031 「前を向く」と「先に触る」

Scene

  1. 「前を向く(「ゴール側の広いほうを向いてボールをつかむ」ということ)」と「ボールに先に触る」、いずれももっとも大切な動きのひとつです。しかしさらに突き詰めてみて、みなさんはどちらが優先順位として上と考えますか?
  2. ある日のコーチ会議で聞いてみるとほとんどが「先に触る」でした。
  3. 実際の試合で、「先に触れ!」と指示する局面のほうが多いからでしょう。
  4. そしてその理由は、前を向く動きで体を回しているうちに相手が先にボールをとってしまうと意味がないといくことで、それは確かに理解します
  5. しかし本当にそれでよいでしょうか?
  6. よりよいサッカー戦術を指導するには「前を向く」を優先にすべきだと考えます。その理由は相手より先に動くことを求めるからです。いつもボールへの反応が遅いチームは「先に触れ!」の指示が優先され、そこから抜け出せません
  7. 「先に触る」というより、「先手を取る」こと、そのために予測する、準備する、先に動く、先に触る、チームの約束事を守った動きをすることが必要とされ、それらがよりよいサッカーの要素です

2008/06/15

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 4 語, 262 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

m031 相手のゴールキックはすべてインターセプト

Scene

* 相手アタッキングサードでのインターセプト

  1. ハーフウェイラインまで最終ライン(オフサイドライン)を上げて、キーパーがスウィーパーポジションをとる
  2. scene①のようにディフェンダーが適切な間隔に散らばり、ゾーンディフェンスする
  3. 相手は頭上越しを意識するため、体の向きや、動こうとする方向はゴール側である
  4. ゴールキックが頭上越しにゴール側に飛べば、キーパーボールとしてscene②のようにサイドバックにワンタッチでパスする
  5. ボールが頭上越しに来なければ、”ボールに近づく方が先に触れるの原則”で先に触る(インターセプトする)ことができる(scene③)

2008/06/14

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 255 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

m030 ドリブル突破時は周りが見えない

Scene

  1. ドリブルは相手を交わす、抜くことに集中するため抜いている瞬間は周囲が見えない
  2. 抜いて顔を上げた瞬間、ゴールか、視野にいる前か、斜めの味方にパス

2008/06/13

永続的リンク 07:00:00, 著者: soccer, 0 語, 599 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 守備の基本

t084 ボールの奪い方


コマ

○奪うための戦法

  1. 相手ボール保持者に対し
  2. 前に抜かれない
  3. 斜め前にパスさせない
  4. パスをカットする
  5. 体を入れてボールを奪う
  6. カバーリングにつく

○そのための動き

  1. ワンサイドカットのアプローチは2人でいき、斜め横へのパスを出させない
  2. このとき積極的にスペースを消しボールを奪いにいく
  3. 横や上からもボールを奪いにいく
  4. そのときパスカットも意識する
  5. 相手のドリブル突破には負けない

○ポイント:ディフェンスは相手第三の選手の「マーク」と競り合いから抜かれたときの「カバーリング」と両方の対応準備が必要である

2008/06/12

永続的リンク 07:00:00, 著者: soccer, 1 語, 359 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 守備の基本

t083 奪いにいく 中央


コマ

  1. ゴールキーパーから安全なスペースにボールが送られる
  2. 中央にパス
  3. 近いほうがアプローチ
  4. 速い方からワンサイドカット
  5. 次に来たほうもワンサイドカット
  6. 三番目の人が積極的にボールを奪う
  7. このとき(バック)パスされるコースを消す
  8. このようにみんなが動いて守備をする
  9. 1vs1に負けないことを忘れず指導しよう

2008/06/11

永続的リンク 06:00:00, 著者: soccer, 1 語, 275 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

t082 奪いにいく サイド攻撃


コマ

  1. ゴールキーパーから安全なスペースにボールが送られる
  2. サイドにパス
  3. サイドは体を前を向けてボールを受ける
  4. このパスを予測しインターセプトを狙うこともわすれない
  5. サイドにパスが渡った⇒サイドバックのワンサイドカット
  6. 前に抜かれない
  7. 近くの選手は奪いにいく
  8. もう一人の守備はサイドバックのカバーリングできる位置に動く
  9. 攻撃の選手にほかの選手がマークに入る
  10. このようにみんなが動いて守備をする
  11. これも1vs1に負けないことを忘れず指導しよう


2008/06/10

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 282 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 技100選

s030 ヒールターン

Scene

  1. 左右ではさまれる状況、前にも行けない・・
  2. 左からの相手をブロックしながら
  3. 足のウラでボールを止め
  4. 体の下を引く
  5. そのままターン
  6. 方向転換しボールまでダッシュ

2008/06/09

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 235 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

t030 守備のイメージ

  1. 守備のイメージは攻撃のスタートに当たりものでかつ、攻撃時にできる弱いところを補うものでなければならない
  2. 第一弾の攻撃のための動き出しのタメをつくる
  3. 第一弾のサイドからの攻撃がはじまったときできる守りの薄いスペースを逆サイドがカバーする動き
  4. 第二段の波が、正面からゴールに動いたとき出来るスペースを埋める動き
  5. 大きな波が動いたときできる波の谷間を周囲が埋めるのである

2008/06/08

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 306 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 技100選

s028 引きずりパスフェイク

Scene

パスをするかのようなしかけ(パスフェイク)がポイント

  1. キックフェイントから相手が反応
  2. ボールを止め体をスクリーンにして後方へ
  3. 体の後ろを通してパスフェイク
  4. かかとでもつま先でもいいが、前に引きずり出し
  5. 抜き去る
  6. ヒールやフリック系のパスをして抜くのも効果的

2008/06/07

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 3 語, 閲覧なし   Japanese (JP)
カテゴリ: 練習

p027 周り6人中2人,鬼2人

Scene

〔目的〕

  1. 体の向き,態勢

〔準備〕

  1. 25m×15mの四角をつくる
  2. 10人のグループで競技

〔やりかた〕

  1. 四角の周りに6人のプレーヤーが配置される
  2. その四角の中に2人のプレーヤーが入る
  3. そして、同じく2人のジョーカーが入る
  4. 四角の中の2人のプレーヤーはドリブルすることができる
  5. 周囲のプレーヤーはワンタッチプレー
  6. 四角のエンドでボールを受けたら、攻撃方向を変える

〔ポイント〕

2つ先のことを予見しする


2008/06/06

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 237 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

t029 攻撃のイメージ

  1. 理想的な攻撃のイメージは矢印であらわすと図の通りである
  2. 第一弾の数的優位をもった攻撃の波が、サイドからゴールをめざし、押し寄せる
  3. 第二段の波が、正面から押し寄せボールをゴールに押し込む

2008/06/05

永続的リンク 17:57:48, 著者: soccer, 1 語, 241 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 練習

d01 パスラリー(1)

Scene

  1. 4人1組程度、2組になって向かい合って連続パス&ゴー
  2. パスは正確に、トラップは正確に意味のあるポイントに運ぶ
  3. 慣れたら、名前を呼ぶ、声を出す、周りを見るを実践する
  4. 足の裏、インサイド、アウトサイドでのトラップに縛りを設けて繰り返し練習をしよう
  5. 手を使ってヘッドでのパスラリーもしよう

2008/06/04

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 297 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 技100選

s029 トリプルアウトターン

Scene

パスをするかのようなしかけ(パスフェイク)がポイント

  1. キックフェイントから相手が反応
  2. ボールを止め体をスクリーンにして後方へ
  3. 体の後ろを通してパスフェイク
  4. かかとでもつま先でもいいが、前に引きずり出し
  5. 抜き去る
  6. ヒールやフリック系のパスをして抜くのも効果的

2008/06/03

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 221 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

m029 ワンタッチでトップに送る チップで送る

Scene

  1. 中盤がボールをキープしないでワンタッチでトップにチップで送るプレー
  2. トップの選手が続けてワンタッチでスペースに送るとかなり有効

2008/06/02

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 2 語, 556 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き, 抜く,チャレンジする

m027 マノン スクリーン クロスオーバー 受け渡さない

Scene

  1. Man-on(マノン)の状態、タイトにマークされる
  2. スクリーン
  3. クロスオーバー
  4. 受け渡さないで自分で突破
  5. 相手のポジションを把握
  6. プレスがあればそれを基点に回転してみよう

2008/06/01

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 203 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: 動き

m028 ワンタッチでトップに送る ヘッドで送る

Scene

  1. 中盤がボールをキープしないでワンタッチでトップに送る ヘッドで送るプレー
  2. 早急に得点がほしいとき、トップにボールを集めるのに有効
  3. 但しそのトップにマークが2人つかれると難しくなる
  4. トップの選手が続けてワンタッチでスペースに送るとかなり有効 ≫ワンタッチパスを2回続けて突破



  1. トップ
  2. サッカーコーチングサイト
  3. こうして練習 セレクション
  4. ケータイ こうして練習
  5. こうして練習 今日の練習
  6. こうして練習 今日の足技
  7. こうして練習 今日の戦術
  8. こうして練習 やってみよう
  9. こうして練習 用語集
  10. 少年サッカー 監督日記

サッカーこうして練習

仙台で活動する虹の丘サッカースポーツ少年団の監督(経歴14年)が書いているコーチングのためのブログです。 コマまんがで分かりやすく説明しています。

2008年6月
 < 現在 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索

いろいろ

XMLフィード

RSSとは?

オンラインユーザ一覧

  • ゲスト ユーザ: 40

powered by
b2evolution