カテゴリ: ゴールキーパー

2009/09/29

永続的リンク 04:14:52, 著者: soccer, 0 語, 589 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー, サッカークラブをつくる

サッカースクールをつくる

スポ少をやっていて、10年一昔として、いまと比較しても、子供たちはそんなに変わっていない。変わったなと思うのは、自分も含め周囲の環境かな。子供にしてあげることが増えたと思う。勝たせるために大人が与えるものが増えました。子供が考える前に、「戦術」も「試合遠征」も結構なお膳立てができてしまう。子供が負けることに耐えられない親が増えたのではないでしょうか?
スポ少は、(サッカーの裾野を広くするために)、地域のボランティアで誰もが指導者として親の会としてサポーターとして気軽に参加できる団体であるべきと思う。方針も運営も親の会が決めていくものでいいと思う。毎年毎年熱い思いのお父さんお母さんが参加し子供と同じ時間を共有することは、この期間しかなく大切なことである。試合の勝ち負けより試合ができるだけで楽しいと思える団体であることが望ましいと思います。
では私的なスクールはどうかというと、その校長のポリシーで育成指導方針が決められる。だからその地域にいくつもスクールがあってもいい。それらのスクールに通って、例えば、ドリブル、フェイントの技を覚え、ある子供はアジリティを高めスポ少に入ってゲームでチャレンジし楽しむ。そこは親の干渉はなしでスクールのポリシーが子供を育てる。そのような環境が健全であると考える。

永続的リンク 04:14:25, 著者: soccer, 0 語, 415 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー, サッカークラブをつくる

サッカースクールをつくる

スクールの方針は「個」の能力の向上を一番に目指したいと考えている。その「個」を育てるに大切な要素がいくつかある。そのもっともなくてはならないのは、「個」の「向上心(恥をかきたくない、負けず嫌いといった気持ち)」と「弛まぬ努力」である。それを「継続する力」である。試合にがんばっている、練習に来てがんばっている、それでみんながんばっていると言う。それは普通、当たり前であり本当にがんばっているというのは、他人がしていないことをしているかどうかである。

2009/06/14

永続的リンク 07:00:00, 著者: soccer, 0 語, 583 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー

s129 ブーメラントラップ

コマ

解説
  1. 縦パスがくる
  2. 後ろから相手のアプローチ
  3. タックル気味にチャレンジする気配を感じ
  4. ボールを相手の頭上越しに抜くイメージ
  5. 右足甲でボールの底をこすり上げる
  6. と同時に反転し、ボールを追いかける
  7. こすり上げたボールは逆回転して迎えてくれる


2008/03/14

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 642 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー

kp005 相手に間接FKを与える反則

コマ

説明 Explanation

ゴールキーパーに関する競技でそのプレーを保護また制限されています。
特に、相手に間接フリーキックが与えられる行為としては、
(1)ボールを6秒以上手で保持する
(2)ボールを離してから、他の競技者が触れる以前に、再び手で触る
(3)味方のプレーヤーからキックで返されたボール(バックパス)を手で触れる、(4)味方のプレーヤーからスローインで返されたボールを手で触れる、です。

2008/03/13

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 747 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー

kp004 ペナルティキック 踏み足をよくみて思い切りよく跳ぼう

コマ

  1. 大きく構える
  2. 踏み足の方向を見る
  3. 蹴った瞬間思い切りよくボールに跳ぶ
  4. 右手(下方)と左手(中ほど)を使って壁にする

2008/03/12

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 862 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー

kp003 キーパーチャージ



コマ

  1. 特にコーナーキックのときゴールエリア内に相手選手が入って来る。
  2. ゴールエリアではゴールキーパーは守られている。
  3. ボールが飛んできたら周囲の誰よりも早くボールに触りに跳ぶ。
  4. その進路に相手がいてもその相手は進路妨害でありショルダーで弾かれればキーパーチャージである。
  5. 近時、ペナルティエリア内もゴールキーパーが守られる傾向にあるが、逆にゴールキーパーがチャージの反則になることもあることは認識しておこう。

2008/03/09

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 0 語, 802 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー

kp002 コーナーキック 自分の場所を空ける



コマ

最後の守備が抜かれたらワンサイドカットできるまでアプローチ

  1. コーナーキックやフリーキックのとき。
  2. ゴールエリアではゴールキーパーは守られている。
  3. 例えば、ショルダータックルを受けると間接フリーキックがもらえる。
  4. したがって、その中に相手選手がいてもゴールキーパーが届く範囲は、ほかの味方選手を入れず、自ら守る。

2008/03/07

永続的リンク 09:00:00, 著者: soccer, 1 語, 778 回閲覧   Japanese (JP)
カテゴリ: ゴールキーパー

kp001 アプローチ

コマ

説明 Explanation

ポイント

  • 最後の守備が抜かれたらワンサイドカットできるまでアプローチ
  1. 相手の2通りの攻撃パターンを観察。
  2. その最終の攻撃を予知
  3. おとりの動きも入れて最終の動きを引き出すのもよい。
  4. 最後の守備が抜かれたらワンサイドカットできるまでアプローチ
  5. ほかの守備陣はゴール前へのカバーリング



  1. トップ
  2. サッカーコーチングサイト
  3. こうして練習 セレクション
  4. ケータイ こうして練習
  5. こうして練習 今日の練習
  6. こうして練習 今日の足技
  7. こうして練習 今日の戦術
  8. こうして練習 やってみよう
  9. こうして練習 用語集
  10. 少年サッカー 監督日記

サッカーこうして練習

仙台で活動する虹の丘サッカースポーツ少年団の監督(経歴14年)が書いているコーチングのためのブログです。 コマまんがで分かりやすく説明しています。

2017年11月
<< <     
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索

いろいろ

XMLフィード

RSSとは?

オンラインユーザ一覧

  • ゲスト ユーザ: 21

powered by
b2evolution